はじめてのクラウド勤怠管理システム
Rss
はじめてのクラウド勤怠管理システム
はじめてのクラウド勤怠管理システム > 『Touch On Time』の特徴とは?

『Touch On Time』の特徴とは?

Touch On Timeは年齢や国籍・性別を問うことなく、どのような人でも簡単便利に打刻ができる豊富な打刻方法が用意されていることが特徴で、最新のシステムが苦手な人でも簡単に使うことができます。また不正を防止するために生体認証打刻を始め、GPS位置情報を記載する打刻もできますしそれぞれの企業の用途に合わせたタイムレコーダーを利用することが可能で、ICカード打刻やパソコン打刻・スマホ打刻なども揃っています。打刻することを忘れていたり、間違ってしまった時は、正しい情報を申請することができます。申請情報は直接管理者へメールで届き、承認作業や廃却作業を行ってもらえます。セキュリティ面でも安心なので、不正打刻などの心配をする必要がありません。

申請内容によって編集されている情報は、Touch On Timeではいつもの打刻ではない場合、申請された刻印がつくので、この刻印が頻繁についている時はアラートメールなどを通知することができます。これにより、間違いをなくすことできるのが特徴です。打刻忘れや勤怠集計が不可能なデータがあれば、エラー情報として管理者の一覧画面に表示されるので打刻している従業員にはあらかじめ申請を促すことができますし、打刻についてのお知らせを届けることもあります。まず管理者画面に打刻エラーがすぐに表示され承認機能や申請がシステム上で全て完結できるシステムですし、深夜残業・充実出勤や有給の申請でも処理が行えるので聞き間違いや書き損じなどを防ぐことができます。

クラウドで各種の打刻情報やワークフロー・勤務時間や残業時間などを全ての項目で、リアルタイムに反映されますし自動集計が行われており、深夜にパッチ処理などが行われないのでスムーズな状況を把握可能です。毎日の出退勤時間や月の残業時間の合計・出勤日数や代休残日数も色々な項目で確認でき、表示される項目も変更できるため企業の勤務体制に合わせて、それぞれをカスタマイズしていくことができます。

出力形式は色々なものが選べますし、A4の用紙に印刷できるので最終的にとても見やすくなります。主に遅刻や休暇管理などの側面や、深夜残業時間や有給取得などの項目に合わせて集計や出力が可能です。出力項目は100を超える項目の中からその企業のスタイルにあったものを選択でき、会社独自の出力項目をオリジナルで設定することが可能なので、カスタマイズされたシステムを利用することができます。

『Touch On Time』の特徴とは?を読まれたあなたにオススメの記事