はじめてのクラウド勤怠管理システム
Rss
はじめてのクラウド勤怠管理システム
はじめてのクラウド勤怠管理システム > 『ShiftMAX』の特徴とは?

『ShiftMAX』の特徴とは?

ShiftMAXの特徴は有給休暇付与や時間有給の対応・残管理や割増率の引き上げなど、有給休暇を時間単位で取得することに対応しており、育児休暇明けなど時間短縮勤務の管理も全てシステム上で管理できることです。変形労働時間制に対応しているので、部署でそれぞれが違う勤怠状態でも、各自設定を行うことができ、裁量労働制への対応・平均賃金の算出も可能です。万が一、私用で外出する場合などは、その時間を勤務時間に含めない隙間時間の管理もできます。
エクセルで行うので好みの色をつけたり、独自の項目を追加・必要のないものは非表示にすることができるので、完成したシフト表は書き込みをクリックするだけで、すぐにクラウドに同期され自動で打刻を集計します。

ブラウザでシフト作成をするサービスとは全く異なり、エクセルで行うのでコピーやペーストに対応していて、繰り返し行う作業にも効果を発揮させることができ、シフトを担当している人の負担を減らすことができます。ShiftMAXの最大の特徴は、エクセルが直接クラウドに接続でき、エクセルのファイルを開いてログインをしたらクラウドへ接続するボタンを押すだけで、クラウドから最新データがダウンロードされるシステムです。

エクセルシートが自動的に常に最新の状態に置き換わるので、打刻機から打刻された情報はリアルタイムで反映していきますし、企業のシステムに応じた打刻方法に対応しているので、スマホやパソコン・ICカードなどの使用が可能です。

クラウド対応打刻機で打刻すればエクセル画面に直接打刻され、リアルタイムで確認済みが表示されます。不必要なものは非表示にしたり色を変えておくなどカスタマイズができ、日々の状況に合わせて使えます。アレンジが複雑な場合や業務で最適化された状態で導入することも、オーダーメイドで依頼することができます。また、エクセルから色々な帳票へ出力可能であるため、シートでのデータの受け渡しが自由自在にできます。

データを流し込むような設定にすることができ、人事管理も簡単なものであれば可能であり、部署移動・社員の登録もスムーズに行えるので、選択した複数の勤怠実績のデータをCSV形式でそのまま出力できます。データセンターが全てのデータを保護していますが、たとえ大地震などの災害があっても耐震構造を採用しているビルなので、データには損傷が一切ないですし利用者のデータの紛失・動作エラー・故障などもありません。

『ShiftMAX』の特徴とは?を読まれたあなたにオススメの記事