はじめてのクラウド勤怠管理システム
Rss
はじめてのクラウド勤怠管理システム
はじめてのクラウド勤怠管理システム > 『PSHIFT』の特徴とは?

『PSHIFT』の特徴とは?

たくさんのビル

PSHIFTの勤怠管理システムは社員が専用のタブレット型のタイムレコーダーにICカードをかざすのみです。出勤を始め、退勤の打刻を自動で記録・集計していくので、今までの集計作業が大きく省かれるところが特徴です。

過去に必要とされていたタイムカードの準備や処分、手作業によって行う労働時間の入力やエクセルで行う集計は全て使わず、クラウドのみを活用するため打刻情報はクラウドサーバへ自動的に保存されますし、専用管理画面から確認することができます。全てリアルタイムでパソコンで確認が可能なので、打刻ミスを訂正したり労働時間を変更するなどの管理も即座に対応できます。システムで自動集計されるので、勤務記録をもとにしながら集計を正しく行います。

打刻データは自動集計されますがPSHIFTは自社専用でカスタマイズしたデータとして、自社パソコンなどにダウンロードすることができ、インポート可能な給与計算ソフトへ直接インポートして使うことができるので便利です。ICカードは社員が普段使用しているものを使いますが、事前にシステムとのひも付けを行うことによって一度登録しているカードは半永久的に使い続けることができ、毎月のように用意するタイムカードや名前書きも必要がありません。普段使用しているICカードは、コンビニや交通機関で普段利用しているものが可能で、どのような企画でも打刻が可能なのでそのまま使うことができますし、持っていない人は作成して交通機関やコンビニなどで利用することができます。

打刻方法もシンプルで社員がタイムレコーダーの画面表示に出ている、出勤・退勤の項目をクリックしICカードをそこにかざすだけで、従業員の操作はこれのみです。コンピュータ関連が苦手な人でも難しくありません。携帯電話やスマホ・パソコンなどを使って、従業員専用ページを出し、そこから打刻を行うこともできるので直行直帰の社員は自由度が高くなります。また、位置情報などでどこから打刻されたかも知ることができます。

管理者には専用の管理画面が発行されますが、そこではタイムレコーダーで記録されている勤務時間を確認したり修正をすることができ、有給休暇など特別な休暇の管理や残業を入力することができ集計も可能です。特徴はインターネットを通じて社員の打刻データをサーバへ保存することが可能で、手動で一つ一つ入力する必要がないところも画期的といえます。出勤し忘れた場合や打刻ミスを修正するときに使うので業務上の負担が軽減されます。