はじめてのクラウド勤怠管理システム
Rss
はじめてのクラウド勤怠管理システム
はじめてのクラウド勤怠管理システム > 『Money Forward』クラウド勤怠の特徴とは?

『Money Forward』クラウド勤怠の特徴とは?

パソコンを使用している女性

Money Forward クラウド勤怠の特徴は、社員の勤怠状況をすぐにリアルタイムで確認することができることです。さらに色々な雇用形態に対応しており、シフト制や裁量労働制などのこだわりの就業ルールでも管理することが可能です。勤怠管理をする他にも複雑かつ煩雑なシフト管理も、わかりやすく対応していて、臨機応変に自動付与ルール設定ができます。それにより有給休暇管理を自動的に行い移動履歴を持つことにより旧組織や旧雇用形態で変更前のデータ出力ができます。組織改編を行なったときの勤怠やワークフローなどの承認者変更はスムーズに行えることはもちろん、遅刻や早退・欠勤や残業などの打刻時刻や休日出勤や休暇の申請も、システム上で承認をすることも可能でエラーが少なくなります。

打刻にエラーが生じた時や残業時間が一定時間を超えてしまった場合は、36協定の遵守状況で確認できるのであらかじめ大きなエラーを出すことがなく、今までの管理体制よりも自動的に行えるようになります。インポート機能を使用すれば社員のデータなど、既存ソフトから乗り換えた時や給与計算ソフトからのデータ移行も行えますし、集計されたデータを出力し給与ソフトへ取り込み、そこから計算することができます。

Money Forward クラウド勤怠ではわからないことがあれば、メールやチャット機能・電話など色々なコミュニケーション方法で、随時サポートしてくれ複数拠点の管理でも各拠点に合わせて管理できるのも特徴です。導入してから運用を開始させるまでの設定を専任担当者がサポートしていくので、システム関係になれていない場合でもすぐに使うことができます。設定代行や往訪・ウェブ設定も行なっているので初心者でも安心して使えます。

勤怠管理はエクセルを使えば便利です。出社や休憩・退社の勤怠を記録し勤務時間や残業時間を簡単に記録することが可能で、労働時間も計算でき給与計算までもエクセル上でそのまま集計することが可能です。

基本的な勤怠管理を行えるのでエクセルに慣れると、関数を駆使しながら時給労働の給与計算もできますし、時間を記録するだけのタイムカードとは全く違う関係地になり手動が一切ありません。タイムカードと勤怠管理表を分けているときは社員がタイムカードを打刻しながら、勤怠管理担当者がエクセルへ記録していく方法がスムーズで、打刻漏れもすぐに確認できるので便利です。また初期費用で管理ができます。

『Money Forward』クラウド勤怠の特徴とは?を読まれたあなたにオススメの記事