はじめてのクラウド勤怠管理システム
Rss
はじめてのクラウド勤怠管理システム
はじめてのクラウド勤怠管理システム > 『KING OF TIME』の特徴とは?

『KING OF TIME』の特徴とは?

KING OF TIMEはパソコンなどのOA機器が苦手な人でも簡単に使えることが特徴です。社員全員がストレスなく使うことができ、管理者・社員間で早退や遅刻・有給休暇などの勤怠申請をすることが可能で、システム内で承認が行えます。離れている複数のエリアでもリアルタイムで一括退勤管理ができるので、紙を使ったタイムカードで月末締めを待ち、そこから、細かい集計をする必要がありません。今までの多くの作業や時間のコストを削減することができます。

自動集計されている勤怠データは給与システムにインポートすることもでき、勤怠から給与計算は全て一連の流れで効率化できます。また無料で使用可能なパソコンやスマホで打刻をすることが可能です。ICカードでの打刻もできますが、普段の通勤で使用している交通機関のものやコンビニの支払い時に使用しているときのものでも可能なので、気軽にシステムを導入できることも大きな特徴になります。

指静脈や指紋などの認証による出退勤を行うことが可能で、これらは正確な本人確認であり不正の勤怠打刻も防止できます。パソコンを持っていないケースに使える勤怠管理専用端末も利用可能です。ログインすれば時間管理・入退室管理システムなどと連携することが可能で、勤怠管理をより実態に近い形で実現できます。このように最新の技術を反映させながら常に新しいシステムで行なっていきます。

今までのタイムカードがタイムレコーダーシステムとして色々な種類の打刻手段を用意しており、KING OF TIMEでは手軽に始めたい人の場合はパソコンから簡単に打刻することができます。営業などで外回りが多い職種の場合はよくあるのが、直行直帰ですがタイムレコーダーは今までオフィスにしかなかったことで複雑な管理がされており、KING OF TIMEのシステムでは外出先から打刻ができます。位置情報を取得することで正確な情報を記すことができるので、不正やミスが少なくなりますし、コストを抑えたいけれどログインをしないで簡単に打刻したいという時にも向いています。また、ICカードでの打刻も可能です。

指紋認証や指静脈認証もあるので、生体認証打刻を行えば従業員による不正防止になります。最先端の技術を駆使している、カメレオンコードという顔認証や入退室打刻も使用可能で、色々な打刻方法があります。サポート専用の部署が用意されており、現状ルールを把握しながら勤怠システムへ落とし込むことで、さらに多くの人から運用の提案を参考にしながら常に良い状態で利用できることもポイントです。

『KING OF TIME』の特徴とは?を読まれたあなたにオススメの記事