はじめてのクラウド勤怠管理システム
Rss
はじめてのクラウド勤怠管理システム
はじめてのクラウド勤怠管理システム > 『就業奉行10』の特徴とは?

『就業奉行10』の特徴とは?

会議をしている人たち

就業奉行10は有給や公休・代休や積立休暇の管理に対応ができ、企業独自の休暇を最大で3つまで設定することができます。勤怠事由・36協定警告者などの一覧を見ることができるのも特徴です。企業の中には季節によって繁閑時期が異なることもあり、色々な業態へ変形労働時間制の労働時間に対応させているので、勤怠時間項目を利用しながら計算式も自由に設定していきます。

働き方改革へ取り組み始めた時は軌道に乗るまではうまくいかないこともありますが、現場では無理が生じない企業でも実現することができる働き方を考えることが大切で、目の前にある業務を削減することだけに注目しないようにします。

入力や資料を作成するときの固定業務については、定期的に同じような作業を繰り返して行うことが多く、その業務時間を減らしても得られる成果に変化がありません。それらをシステム化することで時間の削減効果があります。
就業奉行10のさらなる特徴は、業務に精通している専門のスタッフが半永久的に安心サポートを提供しているので電話を通して、一緒の画面を見ながら操作方法や設定方法を教えてもらえるリモートサービスも用意されています。販売体制や認定インストラクターとして全国に3,000社ものパートナーと連携しており、システムを導入することで速やかにフォローすることができる体制が整っています。

プライベートやパブリック等のどのようなクラウド環境でも使えることが特徴で、必要な時に必要な業務の単位で自由自在に組み合わせることができるので、企業の就業形態に合わせたオリジナルの設定が可能です。クラウドベンダーに対応しており利用者の希望に合わせて選択できます。対応クラウドベンダーは拡充するようになっていますし、内部統制や会計システムで情報セキュリティ評価基準を認証取得しているので安心して利用することができます。

就業奉行10は市場の動向をさらにいち早く、プロダクトサービスに取り入れているので多くの上場企業や、上場関連企業への対応に向けたシステムの導入支援を行なっているため常に新鮮な気持ちで利用可能で勤怠届出書などをなくしたい時にも利用可能です。紙やエクセルよりもさらに進化したクラウド型ですが、さらに動向を見極めながら最新情報や最適なサービスを提供するのが就業奉行10で、勤怠集計業務の手間を減らせます。未打刻の確認に時間がかかったり、長時間労働になることも削減できます。

『就業奉行10』の特徴とは?を読まれたあなたにオススメの記事