はじめてのクラウド勤怠管理システム

Rss
はじめてのクラウド勤怠管理システム

効率やコスト面での課題を改善したい!

クラウド勤怠管理システムサービス
をまとめました

まとめレポート

書類と時計

勤怠管理は今まで紙やエクセルを使用して行うことが主流でしたが、その中で多様な働き方が増えています。
正確な勤怠管理をしていくことが重要視され始めたことにより、勤怠管理システムを導入している企業も増えてきています。

このシステムは自社開発型を始めパッケージ型、クラウド型の3種類があり、その中でクラウド型退勤管理システムは、導入しやすく使いやすいなどという理由から人気が高まっているので利用している企業も多いです。
法律で定められている残業時間の上限を超えることを禁止したり、年に5日の年次有給休暇を取得することを義務化しているので、この改正により月に100時間、複数月で平均して80時間超えの残業を把握しながら管理していく必要が出てきます。

今まで活用されていた勤怠管理の方法は個別に対応することが主流で、そこに新たな改定法が加わることで、業務がより一層複雑になりコストがさらにかかるリスクもあります。
クラウド型勤怠管理システムを導入することで柔軟な対応ができますし、この環境の変化で臨機応変に対応していくことができるのも、このシステムの大きなメリットです。
多くの場合必要に応じてアップデートされていきますが、これによりエクセルでの管理のように自分で作り変える必要がないですし、自社サーバーが必要ではなくなり紛失・容量が足りないなどの心配もしなくてすみます。
労働基準法や安全衛生法などの改正を機会に移行する企業も増えています。

多くの企業からも需要が高まりつつあるクラウド型の勤怠管理システムですが、企業によって働き方は違います。
始業が10時の会社もあれば、シフト制で動いている企業もありますし、直行直帰をしている従業員が多いケースもありますし、同じ企業内でも部署によっては就業ルールが異なるケースもあり、このシステムを利用すれば自社開発型や、パッケージ型と同様に就業体系に柔軟に合わせてカスタマイズができるのも大きなメリットです。

勤務間インターバルや所定労働時間・休憩や残業時間数などは、基本的に就業ルールに沿って設定するので、自由度も高いうえ細かい管理をしていく製品が多く揃っていて、人が管理するよりも正確に行えます。
また、色々な形式のソフトとの連携が可能で、すぐにデータが完了できるので、紙・エクセルでの管理をする時に起こる集計や入力などの手作業が不要になり、毎月の締め日を目安に業務へ集中できコストもかかりません。
従業員がそれぞれ上野タイムカードをみて労働時間を確認するには、記録媒体をもとにした計算をする必要がありますが、クラウド型ではその段階で残業時間や労働時間が自動計算されるので、常にリアルタイムに労働時間の把握をすることができます。